奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、中古車をなるべく長く、燃費向上しながら維持することで、もしかすると新車価格に近い転売ができるかもしれない。奄美の観光ガイド、アマミノクロウサギ等、観光情報動画でも紹介しています。書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

奄美への低運賃運航を願う市民の集い

101118.jpg
昨晩、午後6時15分から奄美市中央公民館で『奄美への低運賃運航を願う市民の集い』が開催された。
県議会議員、市会議員、徳田毅衆議院議員の代理として婦人、観光協会、観光物産協会の会長さんも出席した。
会場には、約200名と想像していたよりも少ない。会場は300名も入る。
さて、始めに県議会議員の与力雄氏が挨拶。順にパネラーが挨拶した。
これまでの経緯などの話しがあった中で、スカイマーク就航が奄美大島に与えたインパクとは大きいが、搭乗率が40パーセントを切る状況である。これは、宣伝不足、ネット上での購入という制約があったために低いと分析する人もいた。

また、スカイマークの場合には、搭乗の際に荷物をX線検査する際に他社の機材を借りるとので時間がかかり鹿児島空港での乗り継ぎに影響するのではないか。
それから、低価格ではなく正常な価格であることも強調された。
着陸料金などは、県などからの助成金があるにもかかわらず、航空会社が航空運賃に反映していない。
また、奄美群島の市町村はJACに対して40パーセントの出資をしているにもかかわらず料金が安くならない。
あるいは、奄振からの航空機購入などができないのかなどの話しがあった。

あきれたのは、もっとも税金で出張をしている公務員が見あたらない。また、市長や副市長も見あたらない。これで奄美大島が発展するのだろうか。それから始めるべきではないのか。

現状は多くの課題がありすぎて解決しない。

■解決する方法は・・・。

簡単な方法としては、スカイマーク側の希望通りに進めること。
それは、X線装置などを県側が補助金として出す。

奄振の予算で航空機などへの補助金を出す。これは法律を改正すれば簡単にできる。
政府が了承すれば簡単。全額とはいかないだろうが。

JALのバック旅行であればかなり安い料金で旅行ができるが、変更ができない欠点がある。これが解決すれば旅行客の自由度があがり観光や帰省にも役立つ。
これは、旅行代理店の切なる願いである。

まだ簡単に方法はあるが、これを機会に島民が一丸となって経済的に考えなければ今まで以上に個人的な負担が大きくなる。

奄美大島観光ガイド / 金作原鳥蝶植歩ツアー / 奄美大島紬ツアー
奄美大島の海辺で、サンゴとヤドカリ
サラダには、青パパイヤがお勧めです。木之香農園
靴シューズショッピング市場 / 奄美大島電脳書店 / 奄美大島の郷土料理・新穂花の鶏飯(けいはん)
東急ハンズがセレクトした家具・インテリアグッズでお部屋をコーディネートしませんか。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://amami-blog.jp/tb.php/1919-05104f1e

 | HOME | 

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
多分、15種の仕事、アルバイトを経験したことで、色々なことがわかりました。奄美大島の観光ガイドと未来予測型の内容で書いています。基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん