奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、テラヘルツ波の商品販売と奄美の観光ガイド、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

新人間ドック

人間ドックと言えば、心電図、視力、聴力、胃、腸などの検査がある。
そこで、今回、新人間ドックを考えた。
1.面の皮の厚さ
2.政治家への二枚舌
3.腹黒さ
このような、検査項目を行ってもらいたい。と、考えてるのは私だけだろうか。

お笑い人間ドックにならないようにしたいが、病院ではなく別の機関の方がいいのだろうか(笑)。

奄美大島観光ガイド / 金作原鳥蝶植歩ツアー / 奄美大島紬ツアー
奄美大島の海辺で、サンゴとヤドカリ
サラダには、青パパイヤがお勧めです。木之香農園/ 奄美大島電脳書店 / 奄美大島の郷土料理・新穂花の鶏飯(けいはん)
東急ハンズがセレクトした家具・インテリアグッズでお部屋をコーディネートしませんか。

コメント

No title

宇検村の助成金事業の問題についてですが、この事業は宇検村が直営で実施している事業と、民間のNPO法人に再委託した事業の2事業あり、その2つとも国から中止通知が出たというのが事実だと新聞記事から読み取れます。しかし、村役場の担当者のコメントではなく、再委託した民間の代表者のコメントだけしか掲載されていません。奄美新聞は新村長に取材していますが、当選したばかりで詳細にコメントできないのは当然でしょう。それよりも担当者がいるので、担当者に取材すべきではないでしょうか?
宇検村のホームページを見ていても、村が直営で実施していた事業が先行して始まっています。その事業で味をしめて、その後の事業も申請し受託したと考えるのが、当然なのではないでしょうか? 
NPO法人が受託した事業のみが取りざたされていますが、先行する事業も併せてですので、幸理事長がコメントするような単純な勘違い的な問題ではないように見えます。

人間ドッグ

管理人さん
面白い!!
誰でも二面性はあるっていうけれど
人を幸せにする2枚舌や、嘘も方便はすてきよねv-238
だって嘘でも「カワイイ」なんて言われるとまんざらでもないしv-10
政治家の嘘はもう慣れっこになっているし
っていうか平気で嘘をつける人でないと政治家にはなれない
そういう意味からいけばあの理事長さんも議員らしいから
修行が足らないというか、議員失格ですね。

No title

管理人さんへ
私は別の観点からの指摘です。
国の事業を中止処分されたという今回の問題とは別に、宇検村の活性化センターは、農林水産省の「中山間事業」で県の補助金も導入して建設されたものです。このセンターの管理事業と同施設を利用した特産品開発の補助事業を、宇検村の第三セクター「元気の出る公社」からNPO法人は再委託されて行っています。同センターの指定管理者は、元気の出る公社ですので、NPO法人は競争入札やプロポーザル方式でもなく、独占的使用権利を獲得しているのです。
奄美市をはじめ近隣市町村の指定管理者選定には競争があることや、運営法人が財務的に健全であることや運営ノウハウがあることが前提になっていることなどと照らし合わせると、同センターの委託管理事業再委託と独占的使用権利の取得、それに伴う宇検村からの公的資金の導入など不透明なことばかりであることが、村内では当初より問題視されていました。
何故、宇検村の特産品の開発補助金が、議員が理事長であるNPO法人にだけ競争もなく導入されてきたのか? そして、その委託管理事業費と開発補助金の公金の使い道はどうなっているのか、納税者としては確認したいものです。これは、私たちの税金です。
特定の個人や民間団体であるNPO法人の利益のために、宇検村や国の公金が使われてきたとしか受け取れない状況ではないでしょうか?
とにかく、一連のことは当初から不透明かつ不平等に進められてきたことは否定できないと思います。

No title

実は、これが宇検村だけの問題であればいいのですが、別のNPO法人では心臓から流れる血液のスピードが2割増しになっている人もいるのではないかと想像しています。

確かに公平であるべきですが、裏では不公平が横行と往航しています。
某NPO法人の担当者などはあわてて企画書を持ってきて下さい・・・。というところもあると想像しています。
私は想像力があるものですから(笑)。
想像力はなんの力にもなりませんが、まっ、そのうち何か怒り出す人もいます。不信感を持っている人もいます。
ひとつ、一つ整理整頓しながら、未来が明るい奄美大島にしませんか。

勉強不足とリーダー不足だからこのような奄美大島になっても誰も動き出さない。昔稼いだ人達は、鹿児島、福岡、東京、大阪などに財産を築いているではないですか。

金目当ての政治額が問われています。もっと、国民が裏で行われている事実をもっと知るべきだと思います。
漢字を洒落で読んで下さい。面白いと思います。
また、何かわかりましたら掲載致します。

No title

管理人さん
私にも言わせて下さい。
NPO法人幸理事長のコメントは、やはりおかしいと思います。
NPOは1年以上も村内外で派手に販売活動を展開し、その業務に職員が従事していたので、売上金を返納すれば済むという問題ではないと思います。その間の給与も委託事業外の業務に従事していることになるので、当然給与の返還もなければネコババしたことと同じだと思います。
また、監督責任及び事業報告や助成金受給申請業務を行っていた村役場(総務企画課)が、委託事業趣旨を理解していなかったとは思えないので、これは明らかに村役場と理事長の確信的違反行為としかならないでしょう。
だって、総務企画課で実施していたもう一方の「雇用推進事業」も中止処分になっているのですから、これは村役場ぐるみでNPOも共謀してきたという犯罪的構図でしょう。
事情にうとい私でも村内の情報や動きをみていると、簡単に推測できてしまいます。NPOのホームページには、「完売しました」なんてずっと出ていましたから、今更気づいたから辞退、返納ではないでしょうね、、
労働局の立ち入り調査で不正が発覚し、逃げ切れないと悟っての醜態でないのですかね。

No title

こういう問題の場合には当事者が雁首揃えて記者会見をするべきですが出来ないのです。
理由は色々ありますが、一番は、ムチャクチャだから誰も説明できない(笑)。責任のなすり愛がある。(この愛がくせ者)
また、行政がらみだから「捜査中はコメントできません。」と、言うよなコメントがありますが、これと同じような状況。

話しは変りますが、約16年前に元山村長さんに、宇検村の発展は、湯湾の空き家を役場が借りて、地元のおばちゃんが作る「油ソーメン」など郷土料理を食べさせる。同時に民芸館のようにしたら都会の人は喜びますよ。と、提案したことがあります。これが雇用を生み、税金を使わずに宇検村の昔を体験する、昔話が聴ける。奄美大島らしい観光が出来るのです。

しかし、行政は常に新品。つまり新築であったり新製品を購入する。これが税金の無駄遣いなのです。
宇検村だけでなく、他の市町村も本来の島の昔を考えるべきです。
私は政治家志望ではないのですが、もしも政治家なら『昔に合える街つくり』宣言をします。
金がからない、お年寄りが活躍できる長寿の島、ポンプがある。長屋的な住まいがある。醤油や塩、砂糖の貸し借りができる。
宇検村、大和村、旧住用村だから出来る奄美大島らしさが、金と強欲。そして、議員特権の癒着の構図はもういらない。

これを機会に島民が無関心ではなく、本来あるべき姿の奄美人になるべきでしょうね。

No title

宇検村には集落の空き家を村が買取リフォームし貸し出す事業?がありますが、現在住んでいるのは公務員か前村長支持者が多数??ではないでしょうか?私も以前申請しましたが別の方が決まっているといゆ事で諦めましたが、その後その家に入居したのは公務員でした。村民優先じゃないんだね・・・・

No title

宇検村の公務員の中には、公費出張で貯めたマイレージで家族に海外旅行させている人もいますよ。
公費出張のマイレージですから、これって外務省で問題になったのと同じ問題ですが、宇検村の中では問題になっていません。
これは一種の横領になるのではないでしょうか?

空き家リフォームは公平に取り組んでいただきたい

同様に、現在まことしやかに噂されてる湯湾の新住宅入居の話=K馬さん関係者ばかりが入居しているのでしょうか?本当ですか?

新住宅のカワダ団地は、地元では普通に『K馬団地』と皆呼んでます。旧団地入居者以外の新入居者はほとんどK馬関係者ばかりです。地元の一人暮らしのオバーが家が古く傾いている為、住宅を申し込んだら一年以上待たないと無理だと言われたそうですが…後から島に帰ってきたK馬さんの身内や支持者が簡単に入っている状況です。この四年間K馬村政は結いの心と言いながら裏で悪どい事をやってます。村民皆がしっかりと真実を知り審判を下すべきです。

No title

K馬さんの親戚や某NPO法人理事長兼宇検村議員のM女の親戚が、縁故採用で役場に入っています。
K馬さんの親衛隊長のM女が活性化センターを独占使用して商売を始めたのが、今話題になっている「活性化センター結いの館」の委託管理事業です。その証拠ではありませんか? 一昨日のコメントにもあったように、M女が「女性企業家:リーダー名鑑」にNPO法人から支出して掲載してもらったということは・・・
とにかく、この4年間はK馬さんとM女さんの好き勝手にされたきた宇検村でした。
「宇検村民皆がしっかりと真実を知り、審判を下すべきです」というご意見に、私も全く同感です。

頑張れ管理人さん

ここのブログすごい事になってますネ!
この4年間辛い地獄を見せられた村民がいる事を私も知っています!
そしてそんな村民を尻目に甘い汁を吸っている前村長派の人達がいる事も。
でも誰も声をあげれない状況だと思っていました。だから元田村長が手を挙げてくれた時、本当に嬉しかったです。
『義をみてせざるは 勇なきなり』と元田村長が出馬に反対した家族に対して話されたと聞きました。
まさに理不尽な事が平気で行われているのに、村民がみて見ぬ振りでは、本当に宇検村は食い潰されてしまいます!

地元の新聞社が権力や圧力に負けて真実を報道出来ない今、村民一人一人が声を挙げるべきです!
それに伴い、このブログにも圧力がかからないか心配です。勇気ある管理人さん頑張ってください!!

No title

有難う御座います。圧力は掛かりません。
弊社は、インターネット放送局の開局を目指しています。
地元の新聞にも色々と限界があります。これは、圧力というよりも新聞紙面とか、記者の事件事故や政治、経済、文化に関する基礎知識の乏しさにあります。
私もどうようなところはありますが、記者と違うのは選挙をやったり、自営業者であったり、小学生6年生から南海日々新聞社で新聞配達をしていたので基本的に歴史と人材を知っています。

また、20年以上も前に、某人から「君は新聞社をつくれ・・・。」と、言われました。新聞社はいつの時代でも無理ですが、ネット上であれば安価な投資で出来ます。

さて、これからもこのことは話題になると思いますが、新聞紙上では、事が起きれば掲載されますが、それまでの状況は書かれません。

色々と情報などが入りましたら、宇検村の事だけでなく色々と書きます。
やはり、ネット放送局の開局が急がれます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://amami-blog.jp/tb.php/1983-f9081c06

NPO法人

宇検村村長選挙を終えて新聞に載ったのがNPO法人maremareの記事。 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/221756 厚生省事業の期限前補助中止 下記のブログにコメントされている事が本当なら新聞とは...

 | HOME | 

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

02 ≪│2020/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん