奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、テラヘルツ波の商品販売と奄美の観光ガイド、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

私がケンムン作品描く理由。

奄美大島の山岳の多くは険しく海に迫り、山々とサンゴ礁を取り囲む海を自由に飛び回っているのが小人型生物の姿をした、ケンムンです。

奄美市笠利の喜瀬集落ではケンムンが飛ぶの目撃談があるからです。

緑の森林深い奄美の山々は神秘性に満ち、古来から奄美の人々は、多くの神々が住んでいると考え高く聳える山には、神が降臨されると信じて、神山(カミヤマ)と呼び、神様を拝む神役(カミヤク)奄美でノロと呼ぶ人々以外は、入ることは出来ず、みだりに木の枝1本を折ることも許されないことでした。

大海原の彼方にはニライ・カナイといった楽土から、神々が海をわたり、海辺に寄り付くのだと信仰していました。
神々が降臨される神聖な場所で、人々は神と共にある気持ちで日々の生活を送っていました。

小人の姿をしたケンムンも、神々の様な存在でもあり、ガジュマルの樹に宿る聖霊、または妖怪の様で、人々の日常的に、欠くことのできない存在でした。

古来から、戦後間もなくまで、その姿は奄美の至るところで見られ、子供のように悪戯好きな、この愛すべきケンムンの存在を人々は神々と同様に信じていたのです。

その昔、深夜に海辺や山々に点々と連なる火が頻繁に目撃され、人々は「ケンムン火」と呼んで信じていました。
現代では残念ながらケンムンも、火も、目撃されなくなってしまったのは、何故でしょうか?

今どこにいるのか、まだ深林奥深くに居るのかも知れません⁉

神秘性に満ち足りた奄美の自然界と、奄美の神々を、真に信仰する者達にとって、ケンムンは、島々の神聖なる神々と寄り添う存在なのです。

辻 幸起

アマゾン稼ぎの常識を覆す、メーカー直取引完全ガイド。

「Amazon 国内メーカー直取引 完全ガイド」

Amazon国内メーカー直取引」のすべてがわかる最高の入門書。

「せどり」「転売」といったかつての人気ネット物販ビジネスに代わって、現在新たな注目を集めている新トレンドが、「Amazon国内メーカー直取引」です。個人でメーカーと取引して商品を最安値で仕入れ、Amazonで販売するという方法ですが、「せどり」「転売」に比べて安心、安定したビジネスが見込め、月利200万円ぐらい期待できるということで、副業ビジネスとしても近年人気が高いジャンルです。
その「Amazon国内メーカー直取引」の第一人者である著者がそのノウハウを、初心者にもわかりやすく詳しく解説した格好の入門書です。発売前からAmazonでも話題の、注目の一冊

<もくじ>
Ch.1 Amazon国内メーカー直取引の流れとメリット
Ch.2 「出品アカウント」の取得と「商品登録」簡単ガイド
Ch.3 FBAを使って在庫管理・梱包・発送をAmazonに任せよう
Ch.4 メーカー取引を始める前に知っておきたいセールステクと重要ポイント
Ch.5 直取引できるメーカーを効率よく探そう
Ch.6 初めてでも取引できる!メーカーへのメールの出し方
Ch.7 メーカー直取引の契約成立のためのツメの交渉術
Ch.8 利益を出すための数字の見方 ~見積書の精査からリピート発注まで~
Ch.9 月利100~200万円を達成させよう
Ch.10 作業を外注化して自動で売上アップ!


●中村裕紀(なかむら・ひろのり):
Amazon物販ビジネスコンサルタント。1984年生まれ。2019年現在35歳、二児の父。介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からAmazon物販ビジネスを副業にて開始。2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。その後はメーカー取引一本で売上を立て、2015年に月利200万円を達成する。現在は国内外のメーカーと取引を重ね、年商2億円に迫る勢いで成長している。同時にAmazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~200万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。




 | HOME | 

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん