奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、テラヘルツ波の商品販売と奄美の観光ガイド、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

台風13号の進路。

https://www.jma.go.jp/jp/typh/
台風13号の進路 ↑ ↑ ↑

台風13号の気になる進路です。
沖縄の離島から東シナ海を抜けて韓国に上陸する進路予想です。

九州、奄美群島。そして沖縄旅行、ビジネスで移動する計画がすでに決まっている方は、要注意です。

欠航や豪雨になる場合がありますので、気象予報には神経質になってください。

今はの奄美大島は時折の小雨程度です。
明日から明後日にかけて、天気が崩れると考えています。

またカーフェリーの欠航もありますので、自動車での移動の方は早めの計画変更がいいと思います。

また地元では数日間カーフェリーが欠航すると食料品が無くなるので注意ですね。
あっ、とりあえず土曜日までの食料品を買いに行きますが。

蝉がないています。
今年は台風に翻弄されています。
まっ9月ですからしょうがないかなぁ。


未来を創り淹れる才能集団
奄美大嶋観光ガイド
奄美群島認定エコツアーガイド
認定No.奄-0050
世界で一番面白い、ガイド
基武雄・もといたけお
電話で予約する。
TEL 070 - 7640 - 6770

金作原原生林に一番近いホテルです。

奄美タワーポートホテル・奄美大嶋観光ガイド


■じゃらんパック・航空券+宿・ホテル
奄美ポートタワーホテル・じゃらんパック(航空券+宿・ホテル)

■じゃらんパック・航空券+宿・ホテル+レンタカー
奄美ポートタワーホテル・じゃらんパック(航空券+宿・ホテル+レンタカー)

楽天トラベル(JAL+宿泊プラン)・奄美タワーポートホテル
icon


奄美大島の中心地、奄美市名瀬にあるホテルです。
鹿児島からカーフェリーで来島サれる方には、もっとも近いホテルです。
徒歩で3分。
隣りは、マツモトキヨシ。

ビジネスパーソン、観光で来島された皆様にとっては移動するには抜群の立地です。

近くにはガソリンスタンド、
隣りがマツモトキヨシ、
金久中学校まで徒歩2分(信号待ち時間を入れて)、
社会保険事務所まで徒歩で20秒(びょう)。

名瀬新港まで徒歩、3分たらず。
サウナも人気です。


■金作原原生林ガイド

金作原原生林ヒカゲヘゴ・奄美大嶋観光ガイド


弊社の金作原原生林ガイドは、奄美市名瀬のホテルから約3時間で楽しく、

奄美大島を代表する原生林へ、ご案内いたします。

今までに体験したことのない、自然散策が貴方の人生感を刺激します。

何かに気がつく、それは仕事、遊び、自然を観る感覚を改めて、気がつく。

独特の視点での観光ガイドで、次のステップに向けて新しい体験をお勧めしています。

ガイドタイトルは、「金作原鳥蝶植歩ガイド・きんさくばるちょうちょうしょほがいど」です。
金作原鳥蝶植歩ガイド

●ガイドに関して
午前9時と午後1時30分に、奄美市名瀬を出発
所要時間は3時間
原生林は、平坦で歩きやすいです。
お一人様4,000円

※準備する物
靴を履いて下さい。
夏は、Tシャツでもいいのですが、できれば薄い長袖を着られたほうが虫よけにもなります。
冬は、少しだけ厚着をしてください。
水分補給用の、お茶などを事前に準備して下さい。
買い忘れた場合には途中で、自販機に立ち寄ります。

お手洗いがありません。
事前に、御手洗を済ませて下さい。

デジカメ、携帯、スマホの充電を確認しましょう。
バッチリ、写真撮ってくださいね。

傘は弊社で準備いたします。

未来を創り淹れる才能集団
奄美大嶋観光ガイド
奄美群島認定エコツアーガイド
認定No.奄-0050
世界で一番面白い、ガイド
基武雄・もといたけお
電話で予約する。
TEL 070 - 7640 - 6770
お問い合わせ、ご予約の、いいメール
いいメール

平成31年(2019)2月27日から奄美群島認定エコツアーガイド同行でなければ案内ができません。

 | HOME | 

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん