奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介、時には売れている物販売など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

奄美大島の動植物を知る書籍


奄美大島の自然観察図鑑

写真でつづる アマミノクロウサギの暮らしぶり

奄美の稀少生物ガイド 1 ―植物、哺乳類、節足動物ほか

奄美の稀少生物ガイドII―鳥類、爬虫類、両生類ほか

奄美の絶滅危惧植物

琉球弧・野山の花―From
Amami


昆虫の図鑑採集と標本の作り方―野山の宝石たち

貝の図鑑―採集と標本の作り方

野生植物食用図鑑―南九州-琉球の草木

奄美群島の自然史学: 亜熱帯島嶼の生物多様性



マニアックが喜ぶ動植物の宝庫、奄美大島に関する書籍です。

まずは一冊、そばにあると嬉しい。

ほぼ毎年、新種が発見されている奄美大島は魅力的です。

特別天然記念物のウサギの本を2月上旬に刊行。

奄美大島の自然系写真家で名実ともに、

一番の勝廣光氏の

「写真でつづるアマミノクロウサギの暮らしぶり」が

2月上旬に刊行されます。

神秘の森に棲む日本の特別天然記念物。
初めて撮影に成功した写真の数々で構成する。

奄美の奥深い森に棲み、また夜行性のため、
謎に包まれていたアマミノクロウサギの暮らしぶり。
本書は、繁殖、乳ねだり、授乳、父ウサギの育児参加、
放尿、マーキング、鳴き声発しなど、
著者が初めて撮影に成功した写真の数々で構成する。

今回で3冊目になります。
ちなみに、2冊の画像を添付しました。

■写真・文/勝 廣光、A5判、107頁 定価(本体1,800円+税) 出版は南方新社


『奄美の稀少生物ガイド1』(南方新社、2007)


『奄美の稀少生物ガイド2』(南方新社、2008)

ザトウムシ

ザトウムシ・奄美大島

ザトウムシです。
観光ガイドを初めた20年前は、蜘蛛だと思いました(笑)。

物凄く細くて、足元を見ていないと気が付かないとおもいます。
怖いこともありませんので、発見したらジックリ御覧ください。
面白い動きをします。

女性の方々は苦手かもしれませんね。

■奄美大嶋観光ガイド
奄美大嶋観光ガイド
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄・もといたけお
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール

通路の天井にクワガタがいる。

クワガタ

先月は、イソヒヨドリのご夫婦が玄関先で愛を語っていたように思います。

そして先日の火曜日のこと、燃えるゴミを出してから階段をあがって「あれっ、クワガタ。」が通路の天井にしがみついています。

早速、パチリしました。
このアパートに中学二年生から住んでいますが、このような珍客は初めてです。

どこから来たのかは、わかりませんが、何となくですが嬉しかったですね。

水曜日の朝は、いなかったんです。
どこへいったのでしょうか。


奄美大嶋観光ガイド
奄美大島で、一番面白い観光ガイド
基 武雄・もといたけお
もしもし 070 - 7640 - 6770
奄美大嶋観光ガイド

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん