奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介、時には売れている物販売など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

いま不動産投資部門アマゾンで1位です。

『サラリーマンが空きの時間の大家業で月30万円を手に入れる! 』

田口 泰己 セルバ出版 

いま不動産投資部門アマゾンで1位です。流石!!

昨日(4月5日)日経新聞の一面に広告が掲載されていました。

副業を考えている方には、不動産ということもありますが、別の副業を考えていらっしゃる方にも参考になるのではないでしょうか。

新着の新刊紹介。

 
 ・『1回10秒 健康オタクがたどり着いた世界一シンプルで簡単な健康法』
坂庭 鳳  セルバ出版  
https://www.amazon.co.jp/dp/4863674791/


 ・『世界で通用する 最強の子育て』 
 藤村正憲  秀和システム 
 https://www.amazon.co.jp/dp/4798054666/


 ・『12ステップで組織が変わる 実践バイブル ザ・働き方改革 』 
 加藤 英司 産能大学出版局 
 https://www.amazon.co.jp/dp/4382057701/


 ・『感動を創造する海外添乗員で世界すべての国に行く働き方』
  梁瀬昌宏 セルバ出版   
 https://www.amazon.co.jp/dp/4863674783/


 ・『中小企業の「働き方改革」労務管理をスムーズに変える本』 
  小岩 広宣  秀和システム 
  https://www.amazon.co.jp/dp/4798056863/


 ・『初めてでも採れる! ハローワーク版すごい求人票 』
  山崎 広輝  standards社 
  https://www.amazon.co.jp/dp/4866363436/

短時間で日本の裏事情が、わかる一冊。



先日、このような書籍があることを知った。
タイトルが悪すぎる。
敬遠した。

読む本がなかったので仕方なく目次をめくると、ビックリ。
私が知りたいことが列挙してあるではないか。

タイトルどおりだろう。

当然だが大人の為の必読である。

裏事情を把握する必要がある。
なぜ、この国は暮らしにくいのか。

構造改革かもしれない。
投票行動かもしれない。
どうすれば、幸せに生きていられるのか。

残念。

私が知る限りでは昭和58年から気がついたことが書かれている。
騙されない国民になるためには必読の一冊である。

時間がかからない。
早く読めて、わかりやすく書いてあります。

独裁者ブログ市長・竹原信一氏。



鹿児島県阿久根市の元市長、竹原信一氏の著書である。

今年は参議院選挙がある。
その前に、鹿児島県議会議員選挙がある。

問題は山積している国と鹿児島県である。
もちろん他県もどうようだろう。

さて、何かを考える時に、基本はなんなのか。
どのように考えればいいのか。
誰に習えばいいのか、勉強すればいいのだろうか。

選挙を考える場合には、当然だが候補者である。
この候補者がどのような人物で、どのような業績があるのかが問われている。

そうだろうか。
誰でも立候補はできる。
しかし当選しない。する候補者もいるだろうが。

先日本棚の整理整頓をしていたら、この本が出てきた。

まず候補者が云々というよりも、まずは有権者として自分の考え方をどうするのか。

あるいは、政治とは。とか・・・。
経済とは・・・。

地域経済もあるし、地元政治家のレベルも問題であるが、政治家のレベルを問う前に自分のレベルに自問自答するべきだろう。

○○候補者に投票するのはいいが、誰に投票しても同じ。
という有権者が多すぎる。

この書籍は、公務員のことも書かれている。
仕事もしないのに高級を貰っている。
どこの公務員もそうだろう。

奄美市も当然である。

さて、多くの問題が山積している。
有権者も暇ではない。
しかし現状がどうこう言う前に、政治の上で有権者は踊らされ、騙され続けているのだ。
と、言うのが持論である。
そろそろ60歳の誕生日がくる。

色々な職業を転職してきた。
金持ちにも有名人にもなっていない。
当然、自分の責任である。
時間をつくり、人生の棚卸しをして、次に政治についても考え行動するべきではないだろうか。

誰に投票しても同じ。というレベルの有権者にはなりたくない。

自分の頭で考え、行動してよりよい社会づくりに貢献しなければと生きてます。

さて著者の竹原信一氏だが、戦略戦術に長けている。
簡単には勝てない。
しかし選挙は落選している。
公務員が投票しないからだろう。と推測しているが。

確かに誰が正しくて、誰かが間違っているのだろう。

アマゾンから購入すれば送料込みでも500円と少しで購入できます。
是非、読んでいただきたい一冊です。

奄美群島では3月末から鹿児島県議会議員選挙がある。
群島区は無投票から3名が立候補する予定でいる。

誰に入れても同じではない、選挙区であってほしい。

写真でつづるアマミノクロウサギの暮らしぶり


奄美大島の自然系写真家で名実ともに、

一番の勝廣光氏の

「写真でつづるアマミノクロウサギの暮らしぶり」



2月上旬に刊行されました。すでに書店に並んでいます。

3冊目になる今回の書籍は、アマミノクロウサギだけではなく、その脇役の興味深い仲間たちが繰り広げる・・・。が、面白い。
と、言っても文章ではなく写真から見抜いてほしいのです。

ただ単に、アマミノクロウサギ・・・。ではなく、写真の隅々までもご覧頂きたいと思います。

私が感激したのは、オスのチ○チ○や、メスがですねオスに放尿しているシーンもバッチリ。

あるいは、愛し合っている写真など・・・。愛くるしい(笑)。

神秘の森に棲む日本の特別天然記念物。
初めて撮影に成功した写真の数々で構成する。

奄美の奥深い森に棲み、また夜行性のため、
謎に包まれていたアマミノクロウサギの暮らしぶり。
本書は、繁殖、乳ねだり、授乳、父ウサギの育児参加、
放尿、マーキング、鳴き声発しなど、
著者が初めて撮影に成功した写真の数々で構成する。

ちなみに、2冊の書籍を紹介します。



金作原原生林では、アマミノクロウサギを観ることはできません。


■写真・文/勝 廣光、A5判、107頁 定価(本体1,800円+税) 出版は南方新社


『奄美の稀少生物ガイド1』(南方新社、2007)


『奄美の稀少生物ガイド2』(南方新社、2008)

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん