奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介、時には売れている物販売など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

奄美の夜ガイドを再開いたします。

久しぶりのナイトツアーに行ってきました。

いきなりアマミノクロウサギ
そして道路の中央でサシバが捕食した、多分だが、鳩をついばんでいる。
お客様は、キャノンで激写している。
リアルな瞬間である。
それにしても飛び立たない。食事中だから腹が減っては飛び立てないのだろう。

さて、お客様の要望はアマミノクロウサギとアマミヤマシギ。
できるとこならオオトラツグミ。これは無理。
あるいはケナガネズミ。これも無理。
見かけたら死ぬまで自慢してもいい。
私も一度しか見たことがない。ケナガネズミ。
と、言うよなう話しをしてる途中で普通のネズミが右から走り出してきた(笑)。
話しが聞こえていたのだろうか(笑)。

アマミノクロウサギは出てこない。
あっ右の法面から降りてくる途中で引き換えした。一瞬である。

生暖かい空気である。
アマミノクロウサギは出てこない。
あれっ、発見。ハブがいる。小さい体長が40cmくらいだろうか。
奄美大島ではハブは神様である。
殺さない。もしもの場合は別だが。ハブをまたいで次に進む。

あっカエル。それもイシカワガエル???。
車から降りて激写の準備だったが、あれっ・・・。どこに行ったのだろうか。
乗車しようとしたときに・・・。違う枯れ葉が飛んできただけ。
生暖かい空気が頬にキスしていく。
そんな甘い話しではない現場である。

またまた、ユックリ進む。
あっいたいた、イシカワガエル。
緑色に金粉を散りばめたような綺麗なカエルである。
まるでフィギュアをおいているように微動だにしない。
お客様は、またまたキャノンで激写している。
連射の音が夜の山々に響いている。
きっと、記録メディアも喜んでいるだろう。保存、保存と忙しいだろうが。

またまたカエルである。
アマミハナサキガエルだと思うが、これもフィギュアのように微動だにしない。
激写するには楽である。
しかししかしアマミノクロウサギは出てこない。
またまた生暖かい空気が吹いている。間違いなく土砂降りになる天気である。

寄り道もしたがアマミノクロウサギは出てこない。
今日は二匹で終わるのだろうか。と脳裏をかすめる、どころではない的中しそうな予感。

あっ忘れていたアマミヤマシギが20羽以上も飛び交っている。という表現は適切ではないが、激写するには楽である。
次から次へと歩いている、飛んでいる。
それもアマミノクロウサギが出てくる場所を歩いている。

奄美の夜ガイド
お一人様 9,000円
定員3人まで。
出発時間は、ご予約の際にお伝えいたします。
奄美市名瀬を午後7時頃出発。
ガイド時間、およそ4時間。

・電話で問い合わせる。
TEL 070 - 7640 - 6770 

・時間があるので、いいメールで問い合わせる。
いいメール

・FAXで問い合わせる。0997 - 54 - 4831 

奄美大嶋観光ガイド

風光明媚な場所の連続という観光ガイドです。


■奄美臨機応変ツアー。

奄美大嶋観光ガイド
奄美臨機応変ツアー
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄・もといたけお
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール


奄美臨機応変ガイド


■奄美臨機応変ガイドで、貴方の行きたい場所へガイドいたします。

例としては、金作原原生林。
あるいは、美術はわからないけれど「田中一村マニアックガイド」で奄美大島を描いた孤高の画家の半生であるとか・・・。

奄美市だけで私がガイドできる範囲を徹底して案内するとか。

あるいは、マテリアル滝に行きたい。
やめたほうがいいですよ。
意外にもがっかりするから、別の場所がいいですよ・・・。とか・・・。

地元でもしられていない美味しい飲食店に連れてって・・・とか。
移動時間がかかりますが。

など色々と百花繚乱を万花繚乱にするガイドです。

奄美大嶋観光ガイド
奄美臨機応変ツアー
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄・もといたけお
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール


奄美楽園リゾートへ行ってきました。

奄美楽園リゾート

昨日、奄美市名瀬から大熊町を通過して、奄美ゴルフ場方面へ。
そこから、坂道をくだれば奄美市名瀬有良集落。

そこへ大きな幟がありました。

早速、昼食に行ってきました。

五目チャーハンを食べました。
台風の風にふかれながら涼しい店内ですが、屋根があるけれど開放てきな・・・。

ここは民泊が専門とか。
その他には、BBQもできる。
なんと20人まではOKとのこと。

詳しくは、ホームページを御覧ください。

静かな空間は、鳥が歌う集落です。
例としては、天然記念物のルリカケス。
多分今月までは、アカショウビン。
そのほかに、キジバト。

全身が緑色のズアカアオバト。

集落の中央を川があるのですが、空飛ぶ宝石のカワセミがいるというのです。

もしも、ここにアカヒゲとオ-トラツグミがいたらバッチリ集落ですね。
バーダーの皆様。

後日、調べてきます。よっ・・・。




奄美大嶋観光ガイド
奄美臨機応変ツアー
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄・もといたけお
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール

奄美市笠利町土浜の何気ない風景



奄美臨機応変ツアーの最後の場所である「ハブと愛まショー」に行ってきました。

私は怖いので(笑)。ベランダで動画撮影していました。

右側から左へ。あるいは左側から右側へ・・・。
走る車達。

台風19号が明日から接近してくる20日の月曜日の午後4時過ぎの風景です。

途中、作業車も移りますが(笑)。

奄美大嶋観光ガイド
奄美臨機応変ツアー
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄・もといたけお
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん