奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

仕事と噂話のどっちが大事ですか。

御社には、全国共通では困るが社内での噂話がありますか。

誰と誰が付き合っている。ではなく、どのような仕事をして地元に貢献しているのか。
あるいは、どのような仕事をすれば自分もいい仕事ができるのか・・・。
を日々、勉強しなければならないのが、男も女も噂話だけが気になり仕事はどうでもいいのでしょうね。

だから会社が成長しない。
個人も当然成長していない。

根底には、独立心がない。
給料を貰うためだけの仕事。
空きあれば、遊びたい。
彼女や奥様のことよりも浮気や不倫の方向性の方が気になる。

所詮は男と女の空間で自分の立ち位置をどのようにすればいいのかもわからないまま、生きている。

これで仕事ができるのだろうか。

私は借金返済を毎日考えながら仕事をしていた。今も同じ。
退職したときには観光ガイドだ・・・。と、津々浦々を歩き回った。
確かに女もいいのはわかるが、間違うと大変。これが一生不幸への一方通行になることを他人の人生から勉強させてもらった。

仕事の目的は色々だろう。
生活のため。
家庭のため。
借金返済。
投資資金を貯める。
海外旅行や趣味のため。
悪いことでなければ問題ない。

まずは自分のレベルを上げることに務めなければならない。

日々の勉強と努力を怠らないことを肝に銘じている。

失敗の連続だった。
同じ轍を何度も踏んだ。反省の連続と実行力のなさと意識がなかった。
成功を焦った。
身の程も知っていたが焦った。
早く成功して楽をしたかった。
しかし世間は許さなかった。
なんでだろう。

ご先祖様が悪すぎた。これは私のせいではない。
しかしご先祖様も大事である。

まずは、仕事で稼ぎながら、同じ徹を踏まないことでしょう。

生きていることは、素晴らしい。
素晴らしい人生にするためには自分次第である。
確かに、世間も他人も悪い。相手からみれば私も同様だろう。

他人様の目標になるために今、生きています。

基武雄の人生劇場
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄(もといたけお)
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール

じゃらんパック

今日から59才です。

今日から59才です。
昨日も書きましたが毎日が楽しい。嬉しい毎日です。
多分、少しづつではありますが目標が達成されているからでしょうね。

死にたいとか自殺とは考えたことはないが、何をどうすればいいのか暗中模索と紆余曲折は30年間、つまり人生の半分でしょうね。
反省。

反省ばかりしてはいらいれないから、ともかく実践あるのみ。
還暦になるが、諦めずに積極的に攻めていきます。
幸いなことに仕事も10年前と同じように予約が入ってくるようになりました。
これも自分の努力です。
日々のブログを書く。
ホームページの更新を心がけて、情報発信に務める。
しかし疎かになっいるのを実感している。
まだまだ努力が足りないのはわかっている。
先日は深くにも風邪を引きました。
頭が重い。
それでも回復するように寝てから再起動する。

さてさてこれからの年末までが色々なことがありるのでワクワクしています。

貴方の誕生日は何をしますか。

私は、あの人と食事したりドライブ撮影ですね。

金作原鳥蝶植歩ツアー
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄(もといたけお)
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール

じゃらんパック

今日で58才が終わります。

今日は58才最後の日です。
来月から59才になります。
独身、金が無い、実力はこれから、夢がデカすぎて実現が遅れている。
それでも果敢に生きています。
毎日がありとあらゆる快感です。

自分でしか作り上げられない、仕事や人生の快感。
目標を諦めずに遅れても作り上げるしぶとさが必要である。
まずは人がどうのこうのではなく、自分自信のレベルアップを心がける毎日です。

読書、プロから学ぶ、友人知人からも多くのことを教えてもらう。
当然、素直な心で吸収率のいい頭と体にならなければならない。
素直に行き方が夢を実現できると思います。

ともかく気合の入った毎日がおくられることが幸せですね。

すでに24時間を切っています。
来月からは、もっともっと楽しい人生にしなければ。

これからは面白くなるぞ。

金作原鳥蝶植歩ツアー
世界で、一番面白い観光ガイド
基 武雄(もといたけお)
もしもし 070 - 7640 - 6770
お問い合わせの、いいメール

じゃらんパック

生きていることは楽しい毎日です。

昨日、ブログのくだらないカテゴリーを整理整頓した。
アクセス数が少ないのは当然だがこれからも掲載予定がないからだ。
ただ、ブログに関しては12年か13年もやっているので懐かしくて。
思い出があり、これで金儲けができないか。とか。
デジタルカメラが普及した頃だったので、毎日のように練習していました。

観光ガイド業として有り難いのはインターネット時代はデジタルカメラ時代と同じ線路を走っていた。
これで経費削減と時短にもなっていた。
同時にアマゾンの成長も同じだった。
個人が、あるいは企業が成長するということは何かのエスカレーターに乗らなければならない。

大企業が失敗した例は、アナログからデジタルに乗り遅れた。
個人も同様だ。
証券会社では山一証券ではないが、社長が変われば考え方も変わる。
そして営業も変わり、反対した社員は退社して会社は代謝して成長した。
退社と代謝が皮肉な結果になった。
つまり社員もアナログとデジタルをわきまえなければ生きていけない時代の始まりでもあった。

どこで、何を正確に判断出来るのかが毎日問われている。
不幸にも毎日である。
これは厳しい。
だが、生き抜くためには勉強しながら時代を読まなければならない。と同時に得意分野と現状把握で稼ぐしかない。
上司や会社の将来に期待ができなければ飛び出すしかない。
しかし貴方の機体が期待通り飛べるかはわからない。
私の場合には、双発プロペラ機を操縦させてもらったので、誰よりも足が地に着かない現実や気流の怖さも知っている。ちなみに操縦免許は持っていないが。

ありとあらゆる経験という在庫を古(フル)活用するしかない。
過去の経験は古い経験であるがアナログとデジタルに振り分けなければならない。
同時に、自分と他人の経験をも篩にかけなければならない。
もちろん瞬時にである。

今日は強風である。
追い風なのか、逆風なのか。
飛行機の離陸、着陸の場合には風に向かって離陸と着陸をする。
毎日が逆風かもしれない。
これが普通の毎日である。

諦めずに努力をするしかない。
そしてできれば女性の力がいる。
努力という漢字は、女の股の力。と書く。

朝からいい感じでしょう。

果敢に挑戦する、僕です。

当然ですが、死にたいとか、夜逃げをしようと思ったことは一度もない。
日々、どうすれば金持ちになりるのかだけを考え続けてきた。
それでも解決しない。
どうしていいのかがわからない日々との戦いだった。

常に連戦連敗だった。
それでもどうにかなるだろうとう、諦めた心と疲れ切った体。
どうにもならない。
借金返済は滞り、たまには上手に支払いが出来れば奇跡だった。

僕はどうしていいのかがわからなかった。
誰に相談すればいいのか。

やはり図書館の蔵書の賢者達の知恵を借りるしか無い。
書籍は買えない。
変えたとしてもアマゾンのマーケットプレイスだった。
それも人の褌で・・・。
これでは相撲がとれない。

とれでも果敢に挑戦するしかない。
成功への道は茨の道どころではない。
絶望と暗中模索だったり、紆余曲折だったり、時にどこが紆余曲折なのかわからない。

他人様達は、成功への高速道路を追い越していく。
僕は制限時速の80キロギリギリで走っている。
当然ガス欠も考えられる。
時には自転車で走る。
あるときには、体の為に歩く、それも東京で歩いているスピードで。

しかし年をとるとスピードが出せない。

上京すると歩き疲れる。
都会では、スピード競争ではない、全員が競歩の選手候補である。
それでも僕は、立ち止まり疲れた体をナデナデしながら、また目的に向かう。
そんな自分が好き、誰も僕を好きっ。と言ってくれないから。
妄想と現実の乖離の中で、きっと僕はスターダムにのし上がり、世界中から脚光を浴びることだろう。

生きていくことは絶対に楽しい、面白い。
それを可能にするのは自分自身であって、他人がくれるのではない。
時には、他人様から貰い物もある。
愛、金、仕事。
たまに当たる宝くじにニンマリするときもある。

成功は絶対に神様が僕の為に作り出した言葉だと信じている。

もしかする僕が成功すると、その業界の嫉妬集団になるから神様が僕の出番にストップと再度考え直しなさいと諌めているんだと解釈している。
身勝手かもしれない。
それでも、成功するまでは果敢に挑戦するしかない。

体が動いてきた、神様が導く成功の道路を歩き始めている。
徒歩が自転車になり、カブ号になり、軽自動車になり1マツダのデミオになり。
やっと、フェアレディZになるんだろう。
あるいは、トヨタが発売するセンチュリーで運転手付きかもしれない。

成功するので僕は諦めることなく、毎日歩いている。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん